「旅のあと」


ウソップの描いた素描の中で特に希少価値の高いのが航海後シリーズとされる
麦わら海賊団がワンピースを目指しモンキーDルフィが海賊王になって後の出来事だ。
現在グランドラインを旅するのに必読書とされる航海師ナミの残した貴重な航海日誌に膨大な数の航海図。
ロビンの書き記した歴史書。
それと並んでこのウソップの残した航海後とされるシリーズはグランドラインか ら
麦わら海賊団の名前を聞くことのなくなった後の様子のわかる資料としても、
当時の生活を知る意味でも非常に高い価値を持つ。
一連の素描などは個人所有だったために今までは公開されることなくやみに埋も れていた。
絵の裏に「旅のあと」と記させているこの絵の部屋はシリーズの中に何度も登場する家であることから、
クルーの中の誰かの所有のものと思われる。
右端に料理人のサンジ、その横にいるのは人型になったチョッパーであるとわかるが、
奥の部屋にいる人物が誰かはいまだにわかってはいない。
サンジの髪が長いことから、航海後時間が経っていると思われる。















SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送