〈ウソップ素描集より:サンジ1〉

長らく存在が知られていなかった作品のうちの一点。
「格納庫の二人」と同時に発見された。
五分とジッとしていられなかったという海賊王と、
常に忙しく立ち働いていたとされる料理人の絵は数が少なく、
貴重な一枚ではあるが、何故裸の上にエプロンをしているのかは不明。
拗ねた表情から推測しても、
本人が喜んでこのような格好をしたとは思えないので、
大剣豪か、航海士ナミの依頼であったと推測される。



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送