〈ウソップ素描集より:格納庫の二人〉

裏にウソップの走り書きが残されて いる。
曰く、「武器のメンテナンスをするために格納庫に入り、この状況に出くわした。
ばれたら殺されると思いつつも、芸術家魂を抑えきれずスケッチする。」
この作品の発見は、大剣豪と 、海賊王お気に入りのコックの不仲説が常識とされていた
「麦わら海賊団」研究者の間に激震を呼び起 こした。
一時は悪趣味な贋作ではないかと疑う声も上がったが、
筆跡鑑定が決め手になって、ウソ ップの作だと認定され た。
作品の発見が遅れたのは、航海士ナミの手で、闇ルートに売り払われてしまったため



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送